のぼり旗の形状

街中でもよく見かけるのぼり旗、なんとなくこの旗のことをのぼり旗と呼ぶことは知っていても、普通の旗とのぼり旗の違いを知らない人は多いと思います。

のぼり旗はどういった旗なのでしょうか。

まず、のぼり旗の形状は、長辺の一方と上辺を竿にくくりつけた旗のことです。

二つの辺を竿に括りつけて留めている点が、普通の旗とは見た目的に違う点としてあげられます。

では、二つの辺を竿に括りつけて留めているのはどういった影響があるのでしょうか。

まず、二つの辺を竿に留めていることで、竿に旗自体が絡まりにくくなります。

一つの辺しか留めていない旗は、留められている部分を支点にしてくるくると竿にまきついてしまうことも少なくありません。

けれど、のぼり旗であれば、二つの辺を竿で留めているので、絡まることは少なく、旗に描かれている文字をしっかりと主張することができます。

またのぼり旗には様々な柄、そしてサイズがあり豊富なバリエーションからそのお店にあったのぼり旗を選ぶ事が出来ます。

のぼり旗の通販を行っているのぼりキングを見ると想像以上に多くの種類があるので驚いてしまうほどです。
(どんなものがあるのか気になった方は一度のぞいてみてくださいね。)

機能性とデザイン、その2つからのぼり旗が宣伝ツールとして多くの店で活用されているのです。